リリカ→タリージェ→リリカ

リリカとタリージェ

昨年の11月頃から、交通事故の後遺症による神経の痛みを抑えるための薬をタリージェに切り替えていました。

これまでリリカという薬を飲んでいたのですが、外科の医師から

「タリージェという新しい薬がある。リリカよりも副作用が少なくよく効くという話もあるけれども、試してみるか?」

と言われ、試してみることにしました。年々痛みが増し、近頃は月に4回ぐらい神経ブロックの注射をしなければならないほどだったためです。

最初は5mgのタリージェから始まったのですが…タリージェに切り替えてからはどうにも痛みが激しくなり、とても辛かったです。
それでも10mgに切り替え、最終的には15mgになれば効き目も強くなるはずとの期待を胸に試していました。

しかし10mg、15mgと増えていき、これまでにない感覚に襲われます。

痛みが暴れ出した時の感覚がリリカと違うのです。

効いている時はリリカもタリージェそれほど変わりませんでした。痛みの存在自体は感じるのですが、動けないほどの痛みには襲われません。
しかし何かのキッカケで痛みが暴れだした時に、リリカとタリージェでは違うのです。

痛みを大音量のスピーカーに例えた時、リリカは隣の隣の部屋の感覚です。自分の部屋にスピーカーがあれば耐えられないほどうるさいですが、隣の部屋だとうるさいけど耐えることが出来、さらに隣の部屋だと「大きな音がなってるな」ぐらいにまで音が小さくなります。
もし突然痛みが暴れだしても、リリカの場合には隣の部屋で痛みが止まるわけです。かなり痛いですが、身動きは出来なくはないぐらいです。

ところがタリージェの場合には、大音量のスピーカーにこたつ布団を7枚ぐらい重ねて同じ部屋にいる感覚です。効いている間は「なんか大きな音してるんだろうな」ぐらいです。
しかし痛みが突然暴れだすと、一気にこたつ布団を蹴り上げる感じで我慢できないぐらいの痛みが襲ってきます。大げさではなく、動きが止まります。運転中とかも本当にヤバかった。

さらになぜか突然強い睡魔に襲われ、仕事中に意識を失うこともありました。ただタリージェを服用していた期間には、首に大ダメージを負うことも何度もあり、薬の副作用なのか頚椎ヘルニアによるものなのかは分かりません。

このような状況だったため、医師に相談してタリージェからリリカに薬を戻すことにしました。

今はリリカに戻してから1ヶ月以上が経ち、だいぶ楽になっています。
痛みが完全になくなることはありませんが、やはり痛みが暴れ出した時に耐えられるかどうかの違いは大きいです。

人によってはタリージェの方が効くらしいのですが、私の場合にはやはりタリージェよりリリカの方が合っているようです。