冬が近づき体温異常に気付く

冬が近付き気温が下がり、私は異変に気が付いた。

左半身が凍えているように冷たい。
しかし寒気を感じない。
体温を計ってみる。34度前半、低い。
元々見た目によらずそれほど体温は高くない方だ。冬場だと36度を下回ることも珍しくない。
しかしまだ12月になる前のこの時期にこんなに低いのはおかしい。しかも寒気も感じない。というか触った右手が左半身の冷たさを感じているのに、触られた部分は右手の温もりを覚えない。
試しに右脇でも計ってみる。右は36度半ば、左右で2度以上違う。
風邪か何かなのかとも思ったが、それは左右の体温差の説明にはならない。
これまでこんな体温異常はなかった。
これが一時的なものならいいが、そうでないなら左腕や左脚は全く動かなくなるのではないか?
それこそ左半身がもっとおかしくなったり、あるいは腐ったりするのではないか?
そう思えた。

12月になり左脇で計る体温は更に下がり34度を下回った。右脇は36度ちょうどで、やはり温度差は2度以上あった。
1月になり左脇での温度計は32度台突入、右脇での計測も35度後半になり、温度差が3度近くになった。
2月になるとついに31度台にまで落ち込んだ。一番低い時で31度2分。この時右は35度5分ほど。左右で4度以上も体温が違う。
左腕が、左脚が、うまく動かない。年明けから湯たんぽなどを使うようにしていたが、温めても温めてもこの有様だ。どれだけ温めても左半身が凍えてたまらない。

そう言えばこの部屋には暖房がなかった。
交通事故に遭う前、2年ほど祖父母の介護生活をしていて仕事に就けず、お金もなく貯金もなく、ストーブも灯油も買えずにいた。
その介護生活がようやく終わり、なんとか仕事に就いて3ヶ月で事故に遭ったために、暖房器具を買う余裕も貯金をする時間もなかった。
だから数年の間、暖房無しで八戸の冬を断熱材もろくに入っていない古い家で、布団にくるまってしのいできたのだ。

あまりに左が冷たすぎて死ぬかも知れないと思ったが、死ぬことはどうでもよかった。ただこのまま苦しみだけが増していき治りもせず、ただただ痛く辛く悔しく情けないままになることが嫌だった。

それでも3月になると、わずかに体温が上がり始めた。
4月には冬の入り口ぐらいまで、左の体温は戻った。
5月にはなんとか35度を超えるようになり、体温低下によると思われる動きの悪さは改善した。

この時は「事故に遭ってまだ1年目だから」、と自分に言い聞かせていた。
でも10年以上経った今でも左の体温異常は変わらず、私を苦しめ続けている。

頭痛薬

痛みが酷すぎる時には、市販の頭痛薬を使って抑え込む。
一度に2錠、服用間隔は4時間以上で1日3回まで、が正しい容量用法ではあるが、それで抑え込めることはまず無い。その程度で効くぐらいの痛みであればそもそも無理やり我慢できる。

余裕がある時には1回2錠を1時間おきぐらいで何度も繰り返す。たいてい3回目ぐらいから効いてくる。普段は多くても5~6回ぐらいでなんとか耐えられるぐらいの痛みにまで抑え込める。
しかしそれでも効かない時もある。
痛みが酷すぎて立っているだけでも、座っていても横になっても耐えられない程なので、その時にはさらに飲んでしまう。

半月ぐらい前だったか、職場で直の上司とケンカをした際もそうだった。
ただでさえ具合が悪いのに何度も言っているのに必要な道具も買ってもらえず逆ギレまでされ、こちらも感情が溢れてますます痛みが増す。
とてもじゃないが午後の仕事がこなせるレベルの痛みじゃなくなったため、外科で処方されている1日3回飲む薬の4種の3回分とナロンエース12錠を一度に乗り込み、現場に戻る。
昼休みを削って12時45分に現場入り、痛みに必死に耐えながら仕事をしていると13時30分ごろには痛みがほぼ無くなり楽になる。
大量に飲むとフラつきはするが、幸いこれまで意識が低下することはなく済んでいるので、仕事を無理やりするには便利だ。
しかしこの日は違っていた。
14時ごろになり急に吐き気を覚えた。
何度も吐く、朝昼食べてないので胃液ばかりが逆流する。
しばらく吐いて少し落ち着いたところで休憩を入れる。休憩している場合じゃないほど仕事に追われているのに…。
座ってわずかに仮眠し、そして吐き気を覚えてまた吐いて、胃液さえ出なくなったところで無理やり仕事に戻る。吐きさえしなければ意識が落ちない限りは無理やり動く。
なんとか定時までで吐きながらも仕事を間に合わせるが、事務所に戻るまでの間にも何度か吐く。最後には茶色い胃液が出てきた。

内科に通院した日に痛みがあまりに酷すぎて、2時間弱で34錠飲んだこともある。
この時、私には自覚はなかったが、フラフラで危なく見えたらしい。

そもそも近ごろは、頭痛薬を常用に近い状態でないと仕事も辛い状態だ。これは容量用法を守った形でそれが最低ラインなのだから、それ以上を求めるならば過剰摂取する以外に方法がない。
それによるリスクは承知しているが、そうでもしなければ仕事が出来ないし、仕事が出来ないと通院できずにブロック注射や痛み止めの点滴、注射も受けられないし、それなのに私は障害者には該当させてもらえないので健常者として過剰摂取しながら痛みを誤魔化して耐えて苦しんで仕事し続けるしか無い。

もっと効くナニカがあればいいのに、合法なモノは存在しない。

この話をするとすぐに「危険だからすぐにやめろ」と言う人がいる。飲み薬に限らずロキソニンでもフェルビナクでもなんでもそうだ。
だがそう言うのであれば、代替法を教えて欲しい。
腕の骨折の方がマシだと思える痛みが左の首~肩~背中~脇腹を覆い尽くしているこの痛みを、誤魔化せる方法を是非教えて欲しい。
それが出来ないのであれば、見てみぬふりしていればいい。

あなたには迷惑かけていないのだから。

労災二次健診

健康診断で引っかかり、労災二次健診に行ってきた。
そこの健診センターでは、これまでに何度も暴力を振るわれている。

問診票等に頚椎ヘルニアがあること、それより左首、左肩、左脇腹に左腕に症状が出ており、それらの箇所に軽く触れるだけでも痛みや麻痺が発生することを毎回書いている。
しかしそれに目を通さずにレントゲンの機械に左肩を叩きつけるレントゲン技師、左腕では採血も血圧測定も出来ないというのに話を聞かず左腕にそれを強い左腕を麻痺させる看護師、こちらの説明を全て否定し頭ごなしで決めつける医師、それが何度も繰り返されている。
今年、会社にやってきて行った健診では、「触るな」と再三言っていたのにレントゲン技師がナニカした。
何をしたのかは分からない。私の左半身は触覚が鈍く、左首、左肩、左背中、左腕、左脚などはどこを触られているか見ないと分からない。
ただその人の「左をもっと寄せられませんか」という言葉と同時に体に衝撃を感じ、その後変調(左肩~左腕の痛みと硬直)があり、レントゲン技師が私の左腕か左肩か左背中を押すか叩くかしたことだけは分かる。
その状態で超音波検査を受け、左腕に何度も機械を叩きつけられ、こちらが痛みを訴えても無視され、台から転げ落ちるに至った。

毎回のように症状などを書いて注意を促すが、2回に1回は暴力を振るわれる。

だから今回は問診票に、赤いマジックで「勝手にさわるな!」と書いた。
その上で場所を移動するたび「さわるな」と「発作が出る」と言い続けた。
左腕がうまく動かず半ば硬直し寝ている間も肘が曲がったままで起き上がるのにも苦労するが、手を貸そうとする人すら威嚇し遠ざける。
採血が終わればすぐに看護師の手も払い除ける。

もう限界だ。
どうしてストレスを増すようなことばかり言ってくる。

医師に少しだけ話した。
自分の中身が足らないこと。
この体の持ち主は昔に殺され、私は残りかすであること。
ストレスが重なりすぎて、耐えられなくて、内科の薬を飲まないでいること。

今すぐにでも、その日の午後にでも内科に行けと言われた。
紹介状らしきものも渡された。
後日、会社にも結果を郵送するそうだ。
それでも行かねば、会社から出勤停止になるのだろう。

どうしてみんな健康でいたいんだ?
どうしてみんな長生きしたいんだ?
自分で選んだ行動の結果なら、おとなしく受け止めればいい。
私の首のように他の人の愚行のツケを背負わされるでなく、自らの生活のツケであるならば、おとなしく受け止めて死ねばいい。

私はただ、自分で死に場所を選びたいだけだ。
自分で死に場所も選べないのは、悔しすぎる。

昔、一度だけ猫を拾った。
雨の中、低い小さなダンボールの中で、にぃにぃ小さく鳴いていた。
そんな低いダンボールなど乗り越えられるだろうに、ペットボトルよりも小さい猫はただぐったりとして小さく泣いていた
助かるようには見えなかったし、飼うつもり無かったが、そこで濡れて溺れて死ぬよりはと家に持ち帰った。
持ち直したその猫とを少しだけ一緒に暮らして、そしてケンカをしていなくなった。
どこでどう暮らしたのか、いつまで生きていたのか分からないが、あのダンボールの中よりはマシだと素直に思えた。

長生きしたい人はすればいい。
健康でいたいのならそう行動すればいい。
運が良ければそうなれるし、運が悪ければ踏みにじられる、それだけだ。

ただ出来ることなら、その価値観を押し付けないで欲しい。
私は1987年に親に殺され、親に見殺しにされたやつから生じた、残りかすでしかないけれど、だから人が死んでも何も感じないけれど、代わりに人以外が死ぬのも同じぐらいに思えるから、
せめて死に場所は私に決めさせてはくれないか?

希望などいつも目に見えていながら、必死に伸ばした手の先指の先に触れることすら叶わず、ただくるしくてつらくてかなしいだけだから、医療従事者だからといって心配したふりなどしないで欲しい。
差し伸べてくれた手で掴んでくれないなら

そう、また、強く思った。

野菜を作ろうと思った

gg-8と遭遇した時、メンバーの1人にこんな質問をした。

「農家が混植をほとんどしないのはなぜですか?」

すると「やってみればわかるよ」とだけ言われた。

その人は林業関係の人で、その時にいたメンバーの中でも最も農業に親しい人だった。
その人が明言を避け、自分でやってみればいいと言った。

今にして思えばただの素っ気ない対応だったのかもしれない。
しかしその時の私はそうは思わなかった。

そうだ! 自分で野菜を作ってみれば良いんだ!!

私はそれまで、野菜を含めた植物は育てた経験があった。主に庭でだ。
うちの庭は木が生えており、生える草も独特で90%はドクダミとトクサ、という独特な植生。その木の間のドクダミやトクサを刈り取り隙間に植える。肥料も農薬も無しで連作し続けても問題ない、という珍しい状態だった。
言い換えるなら、私にとってはその混植状態が当たり前であって、単一品種のみを育てる普通の農業=慣行農法というものを私は経験したことがなかったのだ。

いちおう知識はある。
無駄に普通じゃない知識がある。
コンパニオンプランツやバンカープランツ、混植、リビングマルチに新聞マルチ、その多くは知識だけで試したことがないことばかりだ。

問題は場所と体。

場所は検索したらすぐに見つかった。
八戸には市民農園があった。
2008年度の募集は終了しているが、2009年の募集が3月頃にあるらしい。そこなら冬季に堆肥を混ぜ込みトラクターで耕した状態で一区画10坪を利用できるらしい。
ということで、場所は八戸市民農園で決定。

あとはこの体だ…

実はgg-8メンバーと遭った翌日、私は寝込んでいた。
二日酔いではない、吐いたゴーヤの影響でもない。首と左腕の痺れと痛みが酷すぎるのだ。
普段、通院しただけでもその翌日には調子が悪くなる。
私はその点に大きな不安を覚えていたが、そのような状態だからこそリハビリとして野菜づくりをしてみようという結論に至った。どうせこの体ではどこも雇ってはくれないだろうから。

翌年、私は八戸市民農園を借り、この体のリハビリと農家が混植をほとんどしない理由の追求を始めることを決意した。