1000文字小説

たしか事故に遭った年だったと思う。
あるニュースサイトで1000文字小説というサイトが始まったことを知り、そこに投稿するようになった。事故から半年ぐらい経った頃だったかな。

投稿できる作品は500文字~1200文字。
厳密に1000文字でなくてはならないわけでなく、そのぐらいで作品を作ろうというテーマと言うか、そんな感じのサービスだった。

そこに投稿している人は、恋愛とか男女とかそういうテーマが多いようだった。
しかし私はどうも毛色が違うらしく、変な話を投稿していたようで、わりと理解されない話ばかりを書いていたようだ。

そのうちそこでは、ユーザー主催のコンテストなども開かれるようになった。

しかし…なんだろう…どうもよくわからないルールを決めたがるというか…八方美人でないと悪、みたいに、そのコンテストの運営に積極的な人たちが行動し始めたことが、私の眼にはには違和感を持って映り始めたのだ。

そして居心地が悪くなってコンテストへの参加は途中でやめたしまった。
テーマを決めても「テーマにこだわらなくていい」
投票可能数も「何人にでも投票していい」
、とルールなんてあってないようなものになってしまい…最終的には常連だけで固まってしまって新人さんは参加できないムードになった、私にはそういう風に思えたのだ。

あれから徐々に人が減り続け、今ではもうトップページに表示されるランキング的な項目もフル表示にならずに閑古鳥が鳴いているような状態で、寂しく思っている。

そんな1000文字小説ではあるが、今でもたまに作品を書いて投稿することがある。
元々気が乗った時に書き始め、完成できたら投稿するスタンスだから人が多かろうが少なかろうが私的には何も変わらない。
しかしながら過疎化が進み過ぎて私の作品が複数トップページに表示されることもあり、そこだけが気に食わない。

1000文字小説 [1000moji.com]