あのままだと良くて低体温症だったと思う

昨日の帰り、会社内でのこと。
事務所からの途中で転倒し、そのまま1時間ほど地面の上に大の字になっていた。

事務所から移動する車から降りる際、降りれる自信がちょっとなかった。
その車両は始めてるのもので2列目の座席がスライドせず3列目がとても狭く、左足の感覚が無いため足を上手く動かせず引き抜くことが出来ない。
転倒の恐れがあったため捕まることが出来る場所を探すが何もない。仕方ないので運転席ドアノブを右手で掴むがドアが開き、それに引きずられるように横に回転しながら地面に転倒した。

『やはり』、と思った。車内で2列め座席を左膝にぶつけられ、荒い運転で首も痛め、さらに隣に座った人の肘打ちを左腕に受けていたからだ。

同僚が声をかける。
同僚「どうすればいい?」
私「どうしようもない」
同僚「分かった、帰るから」
そう言ってその場にいた同僚二人は去っていった。

実際問題発作等が発生してすぐは激痛で触られるのも辛いことが多く、今回のはその感触から首と左腕がやられていることは分かった。しかし少しして落ち着けば這いずって動ける可能性がある。
だから大して心配もしていない人にそばにいられても不快だし、どうせまた『嘘』だと思われるぐらいなら一人で苦しんだほうがマシだと思った。

あと二人、事務所にまだ残っているのは知っている。その二人に発見される可能性がまだ残されている。

ひとまず体がどうなっているかをチェックした。
首は…意外に動く。動かせないわけではないらしい。
右半身に以上は無く、やはり問題は左半身。
左腕…麻痺して動かず。強い痺れが左の首~肩~腕~指先を覆っていて感覚もない。
左脚…動かず。感覚なし。痺れは感じない。
左腕と左脚を触ってみようとするが、ここで体が捻られないことに気付く。
やばい…胴体の左側も動かなくなっている可能性がある…もしそうなら体をよじることも撚ることも曲げることも出来なくなる…人の体は健康な人が思っている以上に左右ありきで動くように出来ていて、胴体の左が動かねば右に問題がなくても胴体そのものが動かせなくなる。寝返りも起き上がりも出来なくなる。
その予感は当たっていて、まったく体が動かせない。地面に背中を付けたまま右腕と右足をバタつかせるしか出来ない。
不運にも、近くに掴んでよじ登れるような掴めれるようなものもない。せめて立てればなんとか歩けるかもしれないのだが…

このままある程度動けるようになるまで、このぐらいの状態だと経験上最低でも3時間、下手すれば半日。3時間でも体が冷えすぎて動けなくなっているかもしれないし、朝日が拝める頃には低体温症をはるかに超えているのかもしれない。

普通の人は地面に寝たことなどないだろうから分からないと思う。
地面は人の熱を奪う。特に今の季節は何時間も地面に寝転んでいれば風邪を引くなどというレベルではなく、用意に低体温症にもなるし、凍死だって不思議ではない。

べつにそれもいいかなと思った。

2008年に事故に遭い、後遺症に悩まされ、金もなく何年も暖房無しで暮らし、病院代を稼ぐために無理して働こうとしても交通事故に遭ったことを理由に断られる。
肉体労働はダメだと意思に言われていたがそんな仕事しかなく、いやそれすらほとんどなく、やっと就いた仕事でも何度も倒れて迷惑を掛けた。
借金ばかりが膨らんで、今の会社に務めるようになって何事も無ければ長い期間を掛けてだけれども返済できる可能性が見えてきた。しかしそれまで体が保つのかには自信がない。
他に聞いたことがないような症状ばかりで私を嘘つき呼ばわり、仮病や詐病呼ばわりする人もいる。同僚にもいるし、医療関係者にもそれはいる。
だから死んでもいいかなと思った。ちゃんと眠れるならそれもいいと思った。

どんどん体が冷えていく。おそらく左腕と左脚はとんでもなく冷たくなっているでさろう。普段からして冬場はそうなのだから、この時期の青森の山の中の夜は冬と大差はないのだから、なっていないほうがおかしい。
車のローンとか借金を返しきらずに死ぬのは申し訳ないし、家もゴミ屋敷のような状態で残すのはすまないと思うが、これはもう私だけの力では助からない可能性が高いとしか思えない。
試しに車を叩いてみる。誰も来ない。
そう言えば右手に泥の感触があったけど、車に手形が付いていないか見てみる…いや、見れない。首が右に曲がらない。
上下と左には動くけど、右には動かない。時間経過で回復どころか悪化しているかもしれない。

まぁいいか。
右半身がどんどん冷たくなってくるのが分かるが、左半身は何も感じない。動かそうとすれば痛むだけ、痛むだけで動きもしない。
死んだら仕事にも穴を空けるな、申し訳ない。
「会いたい」
と言葉が出た。たまに勝手に口から出る。「痛い」「苦しい」「辛い」そして「会いたい」。
こんなになって死ぬのも怖くないのに、そんなことが口から出て悔しかった。病院にも行ってないくせに。

ここで死ねば会社に迷惑がかかると思った。
助からなくてもいいけれど、いちお助けを求めるふりをしなくてはと思った。
私は車と車の間に倒れている。残っている二人に気付かれない可能性がある。
かと言って何が出来るだろう…カバンは車内で手元には何もない。車道に投げるものすら…いや、眼鏡と腕時計と長靴がある。
運転している人に気付いてもらえそうなのは、サイズ的には長靴。光の反射を考えると眼鏡や腕時計にも可能性はあるが、踏み潰されるだけの可能性が大だ。

右足を曲げて右手が長靴に届いた。変な場所にいかないように慎重に脱いで手元に。
頭上の車道に目掛けて投げるが、近過ぎは見えないし、遠すぎても気付いてもらえない。
でも考えていてもどうにもならないので、勘で投げてみる。どこに飛んでいったかは見えないので分からない。

幸いなのか何なのか、私は転倒から1時間後、残っていた二人に発見されて助かった。長靴がちょうどよいところに落ちてくれていたようだ。

一晩経っていちおう動くようにはなったが、後遺症でただでさえ狭い可動域が普段よりも狭く、そして痛みも酷く、左腕全体の痺れも強いままだ。

いろんなことが悔しい。

左脚麻痺

left左脚が麻痺して動かなくなった。

今日は仕事を無理して昼休憩削ってまでやって間に合わせたのだが、帰りの送迎車に乗り込む時に転倒した。車内で。

周りには計5人いたけれど、誰も助けない、誰も声すら掛けない。そんなもんです。
どうせ理由も知らずにまた勝手に「わざとらしく転んで」とか「ホントは後遺症なんてないくせに」とか思っていると考えなければ、5人もいて1人も声掛けすらしない、なんてありえないと私は思うけど、この国の人ではこれが常識なんだろうねきっと。

今回は珍しく、首、肩、背中、脇腹、左腕には出ないで左脚だけに症状が出た。
完全に硬直で微動だにしない、とまではいかないけれど、それでもももやふくらはぎの筋肉は固くなったままで、膝が曲がらないし足首も曲がらない。感覚ももちろん怪しい(常時)。
付け根はかろうじて僅かに動くので左脚を引きずりながら歩けるし、真っ直ぐで硬直なので階段や段差も左脚を常に下にしておけばこなせる。
服の着替えも床に置いてなんとか足乗せてズボンやら何やら引きずり上げるのだけれども、そもそも脚が上がらないので納戸もズボンに引っかかるし、ロッカーに掴まり体を傾け足を乗せたはいいが、感覚ないし動かないので何かが引っかかってなかなか上がらない。たぶん指かかかとなんだろうけれども、どれなのかの感覚が薄くて分からない。
苦労して何分も掛けてズボンを履いたが、靴を履くのも苦労したが、それでも車までたどり着いたが…

左脚が曲がらないとね、ドアに足が引っかかって乗れないのよ。
少し膝や足首が動き出せばなんとか運転席にねじ込んでしまえるんだけどさ、それが出来ずに今30分経過かな。アホみたいだけど待つしかない、乗れる程度に足が動き出すまで。

傍目にはただの変人に映っているんだろうね。
悔しくて辛くてストレスばかりが増えていく。それがまた回復を遅らせる。血圧も高いままでももとふくらはぎがパンパンで脚をうごかせてくれない。

ホント、悔しいね。少しはマシになる方法を見つけたのに、それには見下されるだけで手を伸ばしても届かないから私は助からない。最初、なんで私より先に手を伸ばしてきたのだろう…

パンドラの箱とやらには希望が残ったらしいが、そんなもの残らなければ絶望に包まれ諦め続けられたのにね。
夢や希望や可能性なんて、時には呪いにしかならないのにね。

あと何時間経ったら車に乗れるだろう…
どうしても助けて欲しいと思ってしまう。無駄なのにね。

健康診断にて

先日、会社で健康診断がありました。

私の働いている場所の近くまで健診車(レントゲン車)がやってきて、近くの公民館のような場所にて受けたわけなんですが…
身長、体重、視力関係、聴力までは無事にクリア。

次に胸部レントゲンに行ったのですが、ここで軽く問題発生。
ちょっとした衝撃で左腕や左脚、左半身が硬直・麻痺する私なので技師に
「勝手に触らないで下さい」
と告げる。
しかし左の首の根本~肩~背中のどこかに衝撃を感じた(左半身は触覚がおかしいので詳細箇所は不明)。
「触るなって言っただろう!!」
と大きな声を出して振り向く。
技師は驚いた表情で手を引いていた、おそらく押すか叩くかしたのだろう。

今思い返せば、あの時以降から左腕の異常が始まっていたのだと思う。

続いては採血と血圧、これは私の体の都合で少し配慮してもらい、手の甲辺りからの採血と手動での血圧測定となる。これはなんとか無事にこなす。

次に受けたのは心電図だが、寝た時に異常に気が付いた。
左肘が少し曲がった状態で、左腕は寝台から浮いている。力も入れておらず、私はその状態になんの負荷も感じていない。
これは私の左腕に発作が出た時に現れる症状で、筋肉硬直の有無にかかわらず左肘が少し曲がった状態がデフォルトになってしまうという、他に聞いたことがない症状だ。
今朝、起きた時にはこのようなことはなかった。
可能性があるのは、先程のレントゲン技師の接触だろう…だから触るなと言ったのに…
その状態を見て心電図担当の人も「一番楽な体勢でいいですよ」と言ってくるが、実はこの発作が出ている時にはこの状態が楽というか苦痛を覚えないため、このままで大丈夫と伝える。

不安を覚えつつ問診へと移る。
すぐに診断に入ると思いきや、医師は何やら首のこととかを酷く心配しているふうだった。
表向きそう見せていただけかも知れないが(これまでの経験で簡単には医師を信用出来ない私です)、あまりにしつこいので私から「そろそろ目とか胸とか見ましょう」と診断に移らせる。
それが終わってもまたいろいろ話してくるから、最中的に私が「キリがないのでこの辺で」と終わらせた。
これまであの健診センターには、レントゲン技師に暴力を振るわれ、医師には最初から勝手に決め付けられてこちらの話は聞いてもらえず、という対応がほとんどだったので、正直驚いた。
でも私は「病気がストレスになっている」わけではない。「ストレスが病気の後押しをしている」のだ。
だから延々と話をしても意味がない仕方がない。私が話をして少しでも救われる人など、片手ほどもいないのだから。

私の体の都合でバリウムは拒否したため、残るは超音波検査だけとなった。
だがここで予想外の事態が発生した。
途中で「両手を後ろに回して体を斜めで支えてください」と言われたのだ。
左腕が動かせず不自然に浮いているのは見ているはずで、なぜそんな無理を言うのだろうと思いながらも右腕でなんとか無理やり体を斜めに支えてみる。
すると「じゃあいいですよ、楽にしてください」と言われる。
首に負担をかけながらやったにも関わらず、その状態ではエコーを取らずに終了。
すると何を思ったのか、今度は左腕に機械をぶつけるようにしながら測り始めた。
私は何度も痛みを訴えるがまともに取り合ってはくれない。
事前の問診票にもケイツイヘルニアや左半身に後遺症があることは書いてあったはずなのに、またそれを読むこともせずに扱われたのだろう。
何度もぶつけられるのを我慢し終えた後、超音波検査は終了した。
しかし私の体はそのダメージに耐えられず、寝台から降りようとした際に転落した。
慌てて駆け寄ってくる超音波の女、よほど大きな音が鳴ったのだろう、外からも声が掛けられ他の検診センターの人も集まってきた。
「大丈夫ですか?」
と言われ腹が立った。痛いと何度も訴えたのを無視して自分の仕事だけを優先しておいて、どの口でそれを言うのだ。
そして左腕に触ろうとしたので、
「だから触るなって言ってるだろう!!」
と怒鳴り散らした。

また検診センターにやられた。
何度言っても、どれだけ問診票に書いても、どれだけ痛みを訴えてもこうやられる。

結局、仕事が出来る状態じゃないので昼で帰ることにした。

悔しい、苦しい、辛い、やり返せたら少しは楽だろうに、周りはそれを禁じるだけで、どうしてそう思うのかには触れようともしない。
どうせまたキチガイだと言われ思われ、さらにハブられることなんだろう。

踏みとどまりたいと願っているのに…

電気治療で左脚に異常

昨日病院に行って痛み止めの注射と点滴、そしてトリガーポイント注射を受けてリハビリをしている時、電気治療の終わり掛けに変な症状が出た。

左足の土踏まずから親指に掛けてが硬直。
左足首の電気が終わった直後に発生し、次に終わる左膝の電気が流れている間、それが続いた。

電気が終わってもその状態で、立ち上がりレーザー治療に移動しようとしたら左太ももの裏も硬直していることに気がついた。

結果、左足を引きずって歩くことになった。

硬直しているのは足全体ではなく、左の土踏まずから親指までの筋肉?と、左ももの裏の筋肉のみなので、脚が動かないわけではない。
だが左足を踏み出してもちゃんと地に足が付かず、またももが上手く使えないため踏ん張ることも難しい。
だから左足を引きずって歩くしかない。薬局ではそれが原因で転倒仕掛けたが。

電気治療でたまにこういうのが出る。主に左腕、特に小指だが、今回は珍しく足のみにきた。

幸い数時間で回復したが、やはり悔しさが強く現れる。

かと言って電気治療をしないと、回復が悪くなる。
私の場合は電気治療で筋肉等の回復だけでなく、感じない左腕などの触覚が戻ることがあるので、電気治療をやめるわけにもいかない。

こうしてどんどん時間が吸い取られていく。
治療に加えて発作で奪われていく。
ただただ苦しく悔しく、誰にも分かってもらえず、また『大して痛くもないのに大袈裟な』と嘘つき呼ばわりされるのかもしれないと思うとやりきれない。

叶わないこと

今日、病院で誰かに何かをぶつけられるかして、左腕の痺れと痛みが増し左手小指を使うことが困難になり、左腕の動きも制限された。

2階のリハビリで座って待っていた時、左首~左背中に衝撃を感じた。左半身の感覚が鈍いため(特に触覚)どの辺りか正確には分からないが、衝撃の後に指先まで痺れが広がったので何かされたのは間違いないと思う。

振り返ると年配の女性が腰のサポーターを外していた。サポーターが当たったのか、それを外そうとした手を当てたのか、それとも傍らにある荷物を当てたのか分からないが、直前直後に私の背後にいたのはその人だけなので間違いないと思う。私には何もなくても突然発作が出ることもあるわけだが、その際には痺れは走らず痛みだけか痛みも何もなく感覚全てがシャットダウンしてフリーズするかのどちらかだと経験則で知っているし、以前に何度も荷物や腕をぶつけられて発作が出た時の出方と同じだからだ。

痺れが広がり、左手~左腕は温度が下がり、左手小指~薬指の半分が痺れてうまく動かなくなっていく。左手の握力も下がり、左腕の可動範囲も狭まり、病院を出る頃にはジャンパーを普通に着ることもできなくなっていた。

しばらく睨んでいたが、当人は気にもとめずに隣の患者とバカ話をしている。

信じられないのは、サポーターを外すのも荷物を下ろすのも広い場所でやればいいものを、わざわざ椅子の間の狭いところにやってきて、しかも私の真後ろでそれを行ったことだ。

なぜ人にぶつかる可能性が高い場所にわざわざきて寄ってきてそれをやるんだ?

どうせ言ったところで「やってない」とか言うと知っている。
問い詰めても「悪気はないから」と被害者ぶることも知っている。
でもあなただって、身体が悪いから通院してきているのでしょう?
人それぞれ症状が違い、中には普通ならなんてことがないことでも大ダメージを受けるって、実を持って知っているはずでしょう?
その状況をマッサージの先生にキレながら説明していたら、嫌な物でも見るようなめで見やがって…こっちが視線を向けると知らんぷりしながら何度もチラチラと盗み見しやがって…お前のせいでこっちは身体を悪化させられているのに…

せっかくブロック注射でいくらか治まったのに、1時間と経たずにまた逆戻りさせやがって…

これを書いている今でも左手小指~薬指の動きは鈍く痛みと痺れは強い。
この痛みを消す術はない。
この気持ちを減らす術はあっても、それを私が手に入れることは叶わない。
なのに我慢しなければならない。
発作で痛みが暴れだすと、骨折や脱臼よりも痛むことがある。どうにもならない神経の痛み。
やられた分の痛みを相手にも与えたい…私が感じた分だけの痛みを味あわせたい…でもそれが叶わない…

同僚の予想外の動きで

<今まで、突発的な事象に起因した後遺症や発作の発生については書いてきませんでした。特にリアルタイムでの事例については。しかしそれについても思う部分があるので、今後は書いていこうと思うに至りました。>

今日、現場に入る前に防塵服に着替える場所にて、後遺症の発作が出ました。

同僚が着替えていてその後ろを通ろうとしたところ、突然同僚が後ろに下がってきました。
私の右肩が強く押される感じになって柱の角にぶつかり、そのまま上下の感覚がなくなって右半身は踏みとどまろうとするものの左半身は反応がよろしくなく、一回転するようにフラフラと歩いた後にドアノブに腰を打ち付け、その場に座り込むように崩れ落ちました。
次の瞬間には右手が左肩~首の辺りを抑えていました。おそらくその辺りをぶつけたのでしょう。
普通であれば倒れることもなく笑って済ませるぐらいの接触なのでしょうが、私の場合には左半身への衝撃で交通事故の後遺症の発作が発生することがよくあります。未就学児童の腕がわずかにかすっただけでも発生することがあったぐらいですので…

しばらく首を抑えて動けずにいましたが、その時すでに鈍いヌメッとした痺れが左手指先へと降りていく感じがしていました。

数分後には発作が出てきました。写真は発生から30分ほど後、車内で撮影したもの。角度的に分かりづらいですが、手の側面と手の甲側に左指が引っ張られています。

左手小指が外側に反って曲がりません。
他の指はいちおう曲がりますが、薬指の半分は小指に引っ張られて痛みが出て辛い。また握力はほとんどない感じで、500mlペットボトルを握って持つことも出来ない。
肩はほぼ上がらず、肘も45度も曲がらない状態。
そしてどんどん左腕が冷たくなっていく。

これでは出来る仕事がだいぶ限られるだけでなく無理すると悪化する可能性が高いため、仕方なく休日扱いにしてもらって帰ることとしました。

帰ると言っても、私の職場ではシャワーと着替えが待っています。
左腕が動かない状態でつなぎを脱ぐのは、けっこう大変です。
なんとか脱いでシャワーを浴びるも、片腕では体を洗うにも制限があります。
出来る範囲だけ洗って体を拭き、苦労してなんとか服を着替えて車に乗り込みます。

今回は左腕の発作だけで済んでいるので、運転については問題ありません。事故に遭ってからは突然前触れもなく左腕が動かないことはしょっちゅうなので、安全のために普段からハンドルはほぼ右手だけで操作してますし、ATなのでアクセル・ブレーキも問題なし。
シフトチェンジも右手で行なえます。さすがに走行中には行えないのでエンジンブレーキ等は諦めねばなりませんが、今の季節では不便はありません。

同僚がわざとやったわけではないのはわかっていますし、何度も謝ってくれているし、あちらにも嫌な思いをさせたこと、仕事の進捗状況に今後、わずかとは言え影響が出るかも知れないことなど申し訳なく思っています。
が、やはりそれでも悔しいです。辛いです。情けないです。
自称普通の人たちは誰かに話を聞いてもらえるとだいぶ楽になるらしいですが、私にはそれがありません。話しても何も変わらない、余計に苦しくなることがほとんどです。
わずかにいる楽になる相手には、もう話せることはありません。
ただただ悔しく苦しく惨めで情けなく辛いです。

この記事を書いている時点で、左腕は肘の高さまで上がるようになり、指は小指と薬指の反応は悪いけれども、キーボードを打つぐらいは出来るようになっています。8本指ですけどね。握力はまだほとんどないです。
自分で起こした事故の結果ならまだ受け止めようもありますが…悔しいですね。