あの日あの場所にいた理由

あの日、事故に遭った現場にいた理由は、車関係の本人確認郵便を郵便局に取りに行くためだった。

あの日、私は夜8時から仕事を控えていた。
自宅で郵便受けに入っていた不在通知に気付いた私は、八戸郵便局へと車を走らせた。
八戸市城下の国道45号線マクドナルド付近の交差点から八戸郵便局に行く途中、現在くら寿司が建っている場所の前で信号待ちをしていた。
そこで事故に遭った。

その車は事故の半月ほど前に納車されており、車種はスズキのパレット。パレットが販売開始された始めの方の1台であり、まだ初回のローン支払いも終わっていない段階だった。

前車はたしか平成8年式のワゴンR RV 4WDターボで、11年近く乗っていた車だ。
実は私は祖父母の介護をしていた。あの時していた仕事につく前の2年間ほどの間で、ちょうど店舗閉店により仕事が途切れた私に白羽の矢が立った形で、毎日祖父母の家に行き様々な用事をこなし、食事や身の回りの世話をしていた。

貯金も無く、実家が出してくれる僅かなお金で2年間騙し騙し使っていたワゴンRは、2008年時点でもはやボロボロで、車検を通すにもかなりの金額が必要なことが予想できた。
そして職についたとはいえ、平日の昼には祖父母を病院に連れていかねばならない私は、車の購入を考えていた。
その用途にと考え、当時デビューしたてのパレットの購入を決めた。決め手は後ろのスライドドア、これならかかりつけの病院前の狭い道路での乗り降りも楽にこなせる、という理由だ。

そのような理由で買ったパレットが納車からわずか半月で事故に遭った。しかもそのパレット関連の書類を受け取るために郵便局に向かう途中での事故であったこと、今でも複雑な気持ちで思い返す。

もしパレットを購入していなければ?
事故に遭わずに済んだのか?
いや、別の車種でも同じ結果だったかもしれない…
むしろ新車のパレットだったから命が助かったのかもしれない…
ワゴンRであればもしかしたら…いや、そもそも車を買わなければこんな目にも遭わなかったのでは?

そんなことを何度も何度も考えた…考えても考えても何も変わらないのに…

せめてもの救いは、あの日は祖父母を乗せていなかったことだ。
祖父母を乗せる時にはいつも後部座席に乗せていた。
後部座席が変形し、スライドドアが運転席ドアの開閉を妨げる寸前まで押しやられたあの事故、祖父母を乗せていたならばあ間違いなく二人の命を奪われていたと思う。
そんなことにならなかったことだけは、本当に良かったと思っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です