1時間と少ししか体がもたなかった
首と背中が痛すぎて運転できなくなりかけて諦めた
来ないのは知っていた 最初の長話の時に私が無理でしょと言ったことは、いつのまにか私が無理じゃないと言っているかのようにすり替えられ、出来ないと分かっているでしょと言われた
くやしい
こんなにつらいのに声を聞けたこと  他など無駄でしかないのに 

たすけてくれないなら手を差し伸べないでほしかった

またきっと待つのだろう 来るわけないのに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です