2日連続の発作(2)

昨日、1月24日の送迎車内でのこと。私は首をやられた。

11月に何度もやられてはいたが、12月には一度もそのようなことがなく1月に入ってからも他の人の運転の車で大事なかったため、その日も運転する人を信用し、左の後部座席に乗ってしまった。

最初から運転が荒かった。まず2回、固まった雪の段差を速度を落とさぬまま突入、私はうめき声をもらすもスピードは緩まず、凹んだ道路もそれほど速度も落とさず突入し激痛が走り声を上げる。さらに凸凹道でもスピードを緩めてはくれずうめき続け、凸凹道での3度目の衝撃で耐えきれなくなり、

「ちょっと待って!止まって!!」

と叫んだ。車が止まりきる前に私は道路に転がり落ちた。たぶん痛みに耐えきれずにドアによりかかった状態で、ドアノブに何かに引っかかって開いたのだと思う。足からではなく頭から転がり落ちたからだ。

転がり落ちた私は車から遠ざかろうとした。そのまま遠ざかろうとして横に転がったのだと思う。後から気付いたが、転がった先がくぼみで水たまりになっていたようだ。

3人乗っていた内の一人が降りてきてこう言った。

「どうしてそういうことをするんだ!?」

その意味を瞬時に理解した。つまりは、私が荒い運転のせいで事故の後遺症の発作に襲われたのではなく、私にはそもそも事故の後遺症などなく痛がっているのもウソで、ウソのために通院し薬も飲んでいる、とその人は思っているのだと。でなければ「どうしてそうなった?」、あるいは「どうした?」と言うはずだ。

私が痛みから逃れようとしていたことなどもウソで、ワザと騒ぎを起こして職場を見出している、とその人は思っているのだろう。だから私が首の状態が悪くて車に乗れない時にも声を掛けることもしなかったのだと思う。これまでただの一度も。

だから私は「どうするんだ?」と言うその人の言葉に耳を貸さずに、その場に残ることを選択した。ウソつき呼ばわりする人を信用するよりも、倒れたままでいる方がマシだと思えたからだ。

残りの二人が車を降りたかどうかも分からない。身動きも取れずに首も動かせず、何も見えなかったからだ。

そのまま車は走り去り、事務所への連絡もしてもらえないまま、私はしばらくそのままでいた。おそらく10分かそこらだろうが、痛みがわずかにおさまり右腕を動かせるようになった時になって、初めてくぼみにはまり込んでいることに気がついた。

少しして、後から来た人に見つけられそこから助け出された。前日よりも酷い状態で、首~左肩~左腕と左半身全てが動かない状態だ。首が上下左右に全く動かない状態で、しかも今回は腰も曲がった状態で固まっており、立っても正面が見えない。目だけを上に向けて、辛うじて数10cm程度、前が見えるぐらいしか視野がない。

さらには左半身だけでなく、右腕~右手にかけても痺れている。薬指と小指から肘の上にかけてで、感覚も怪しい。私の左半身に常時あるような触覚の鈍さ~無さと同じだ。

そのような状態でも左脚を引きずりながら、 同僚に助けられながらで、なんとか着替えて車に乗り込む。この段階で脚の硬直が辛うじて運転席に乗り込めるぐらいになっていた。しかし首が動かないので左右確認が出来ないし、前傾姿勢なので視野の3分の2がダッシュボードだ。危険でとても運転できない。

しばらく休んでいたら首が左には少し回るようになり、体も激痛に耐えれば少しだけ左右に振れるようになったため、速度を出さずに運転開始。普段1時間と少しの道のりを、途中休みながら3時間かけてなんとか帰宅。料理できないだろうと思って途中で買ってきた弁当などを食べることも出来ずに、ベッドに倒れ込み力尽きそのまま意識を失った。

健康な人には私がワザとやっているようにしか見えないのかも知れない。でもだれも好き好んでこんな体になどならないし、そんな真似もするはずがないと、なぜ思いを巡らせてはくれないのだろう…

加害者が得をし被害者がバカを見るこの国では、そもそも無理な話なのかも知れないが…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です