労災二次健診

健康診断で引っかかり、労災二次健診に行ってきた。
そこの健診センターでは、これまでに何度も暴力を振るわれている。

問診票等に頚椎ヘルニアがあること、それより左首、左肩、左脇腹に左腕に症状が出ており、それらの箇所に軽く触れるだけでも痛みや麻痺が発生することを毎回書いている。
しかしそれに目を通さずにレントゲンの機械に左肩を叩きつけるレントゲン技師、左腕では採血も血圧測定も出来ないというのに話を聞かず左腕にそれを強い左腕を麻痺させる看護師、こちらの説明を全て否定し頭ごなしで決めつける医師、それが何度も繰り返されている。
今年、会社にやってきて行った健診では、「触るな」と再三言っていたのにレントゲン技師がナニカした。
何をしたのかは分からない。私の左半身は触覚が鈍く、左首、左肩、左背中、左腕、左脚などはどこを触られているか見ないと分からない。
ただその人の「左をもっと寄せられませんか」という言葉と同時に体に衝撃を感じ、その後変調(左肩~左腕の痛みと硬直)があり、レントゲン技師が私の左腕か左肩か左背中を押すか叩くかしたことだけは分かる。
その状態で超音波検査を受け、左腕に何度も機械を叩きつけられ、こちらが痛みを訴えても無視され、台から転げ落ちるに至った。

毎回のように症状などを書いて注意を促すが、2回に1回は暴力を振るわれる。

だから今回は問診票に、赤いマジックで「勝手にさわるな!」と書いた。
その上で場所を移動するたび「さわるな」と「発作が出る」と言い続けた。
左腕がうまく動かず半ば硬直し寝ている間も肘が曲がったままで起き上がるのにも苦労するが、手を貸そうとする人すら威嚇し遠ざける。
採血が終わればすぐに看護師の手も払い除ける。

もう限界だ。
どうしてストレスを増すようなことばかり言ってくる。

医師に少しだけ話した。
自分の中身が足らないこと。
この体の持ち主は昔に殺され、私は残りかすであること。
ストレスが重なりすぎて、耐えられなくて、内科の薬を飲まないでいること。

今すぐにでも、その日の午後にでも内科に行けと言われた。
紹介状らしきものも渡された。
後日、会社にも結果を郵送するそうだ。
それでも行かねば、会社から出勤停止になるのだろう。

どうしてみんな健康でいたいんだ?
どうしてみんな長生きしたいんだ?
自分で選んだ行動の結果なら、おとなしく受け止めればいい。
私の首のように他の人の愚行のツケを背負わされるでなく、自らの生活のツケであるならば、おとなしく受け止めて死ねばいい。

私はただ、自分で死に場所を選びたいだけだ。
自分で死に場所も選べないのは、悔しすぎる。

昔、一度だけ猫を拾った。
雨の中、低い小さなダンボールの中で、にぃにぃ小さく鳴いていた。
そんな低いダンボールなど乗り越えられるだろうに、ペットボトルよりも小さい猫はただぐったりとして小さく泣いていた
助かるようには見えなかったし、飼うつもり無かったが、そこで濡れて溺れて死ぬよりはと家に持ち帰った。
持ち直したその猫とを少しだけ一緒に暮らして、そしてケンカをしていなくなった。
どこでどう暮らしたのか、いつまで生きていたのか分からないが、あのダンボールの中よりはマシだと素直に思えた。

長生きしたい人はすればいい。
健康でいたいのならそう行動すればいい。
運が良ければそうなれるし、運が悪ければ踏みにじられる、それだけだ。

ただ出来ることなら、その価値観を押し付けないで欲しい。
私は1987年に親に殺され、親に見殺しにされたやつから生じた、残りかすでしかないけれど、だから人が死んでも何も感じないけれど、代わりに人以外が死ぬのも同じぐらいに思えるから、
せめて死に場所は私に決めさせてはくれないか?

希望などいつも目に見えていながら、必死に伸ばした手の先指の先に触れることすら叶わず、ただくるしくてつらくてかなしいだけだから、医療従事者だからといって心配したふりなどしないで欲しい。
差し伸べてくれた手で掴んでくれないなら

そう、また、強く思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です