冬が近づき体温異常に気付く

冬が近付き気温が下がり、私は異変に気が付いた。

左半身が凍えているように冷たい。
しかし寒気を感じない。
体温を計ってみる。34度前半、低い。
元々見た目によらずそれほど体温は高くない方だ。冬場だと36度を下回ることも珍しくない。
しかしまだ12月になる前のこの時期にこんなに低いのはおかしい。しかも寒気も感じない。というか触った右手が左半身の冷たさを感じているのに、触られた部分は右手の温もりを覚えない。
試しに右脇でも計ってみる。右は36度半ば、左右で2度以上違う。
風邪か何かなのかとも思ったが、それは左右の体温差の説明にはならない。
これまでこんな体温異常はなかった。
これが一時的なものならいいが、そうでないなら左腕や左脚は全く動かなくなるのではないか?
それこそ左半身がもっとおかしくなったり、あるいは腐ったりするのではないか?
そう思えた。

12月になり左脇で計る体温は更に下がり34度を下回った。右脇は36度ちょうどで、やはり温度差は2度以上あった。
1月になり左脇での温度計は32度台突入、右脇での計測も35度後半になり、温度差が3度近くになった。
2月になるとついに31度台にまで落ち込んだ。一番低い時で31度2分。この時右は35度5分ほど。左右で4度以上も体温が違う。
左腕が、左脚が、うまく動かない。年明けから湯たんぽなどを使うようにしていたが、温めても温めてもこの有様だ。どれだけ温めても左半身が凍えてたまらない。

そう言えばこの部屋には暖房がなかった。
交通事故に遭う前、2年ほど祖父母の介護生活をしていて仕事に就けず、お金もなく貯金もなく、ストーブも灯油も買えずにいた。
その介護生活がようやく終わり、なんとか仕事に就いて3ヶ月で事故に遭ったために、暖房器具を買う余裕も貯金をする時間もなかった。
だから数年の間、暖房無しで八戸の冬を断熱材もろくに入っていない古い家で、布団にくるまってしのいできたのだ。

あまりに左が冷たすぎて死ぬかも知れないと思ったが、死ぬことはどうでもよかった。ただこのまま苦しみだけが増していき治りもせず、ただただ痛く辛く悔しく情けないままになることが嫌だった。

それでも3月になると、わずかに体温が上がり始めた。
4月には冬の入り口ぐらいまで、左の体温は戻った。
5月にはなんとか35度を超えるようになり、体温低下によると思われる動きの悪さは改善した。

この時は「事故に遭ってまだ1年目だから」、と自分に言い聞かせていた。
でも10年以上経った今でも左の体温異常は変わらず、私を苦しめ続けている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です