人に話せば楽になるのだろうか

人に話せば楽になるという、という人もいる。
でも必ずしもそうでないことを私は知っている。

そもそも人は、自分で経験したことのないことはなかなか信じてくれない。分かったふりをしていても、何か気に入らない小さなキッカケさえあれば、すぐに『嘘つき』呼ばわりしてくる。疑惑の目を向けてくる。

私の症状などは、他の交通事故被害者でも効いたことがないようなものだ。
頚椎の第7番にヘルニアがあるのに左腕のみならず左脇腹や左脚にまで症状が出ていること、脳梗塞の症状かと思うような左顔面の引きつりや言葉が出なくなること、さらには左半身の多くで触覚が薄いあるいは感じないことや気温が分からないことなど例を上げればキリがないが、最たるものに、左半身と右半身で体温が違うことが上げられる。

右脇が35度で左脇が31度、これが私の体温が一番低かった時の体温だ。冬場のことでここまで極端なのは稀だが、今でも冬場は右脇35度、左脇33度代ぐらいは珍しくない。
夏場はこれが逆になる。右脇で36度後半で、左脇が39度になる。
右手で触ると、冬場は左腕や左脚、左の胸や左の腹まで右より冷たいのが実感できる。しかし夏場が逆に熱がこもった感じで不安を覚える。左半身が汗をかきづらいのも知っている。
これに加えて、左腕をはじめとする左半身に発作が出ると、一気に左側の体温が下がっていくことも実感している。右手で握っているその間にもどんどんと左腕が冷えていく。

だがこのような症状、私は聞いたことがない。誰の人だって同じで、誰に言っても初耳と言う。

残念だが、人間の多くは自分の経験したこと以外は信じないし、イメージすることも難しい。
だからマイノリティである時点で、人に話しても共感してもらえず楽になれない、それどころか信じてもらえず嘘つき扱い、あるいは『病んでいる』の一言で片付けられて放棄される、それがオチだとそう経験している。
だから基本的に、話すだけ無駄なのだ。楽になるどころか苦痛が増えるだけなのだ。

そして私は、なぜか分からないが、最初に出会った時から全て信じている人が極少数存在する。今まで生きてきて二人だけ、それ以外は本当は信じていない。

ただ私は自分の中身が足らないことを強く実感している。
実感しているからこそたどり着いた答えは、「しっぺ返し戦略」に近いものだ。
本当に信じられる人などめったに会えない。1年前に見つけてしまった人にも嫌われ、もうそんな人は現れないだろう。
だからこそ信じていない人に対しても、信じていると自分に嘘を付き相手が裏切らない限り自分からは裏切らないで生きることにしている。

でもニセモノの信じている人には何を話しても例え裏切られなくても、私は楽にはなれない。
信じていないから、ルールで裏切らないから信じているように振る舞うだけだから、ただただ負荷が増えていく。

なのに本当に信じている人には、わずかに話すだけで心が楽になる。
内容がボロボロで酷いものでの、その人に話すだけで救われる。せいぜい翌日ぐらいまでだけれども、衝動を抑えて踏みとどまれる。

けれどもね、誰もそんな面倒には関わりたくないんだよ。
「カウンセラーじゃないから」
「仕事だから」
「他の人も同じようにしてくれるよ」
そんなの意味がない。
肩書や職業や容姿なんて関係ない。もしかしたら性別も人かどうかも生き物かどうかも関係ないのかも知れない。
ただ私が何故か信じられた人、その人と話す時だけ、私は自分が存在しているように感じられる。それ以外はずっと、足らなくて渇いて自分がいることも信じられなくなる。

理屈じゃない、私にもなぜか分からない。
最初に見た時からもあったし、1年前のは声を聞いただけでそう思った。

だから、人と話しても楽になんかならないんだよ。
信じられる人なんていなければ、逢わなければ、周り全てが疑うだけで済むならば絶望に浸っていられたのに。 例えマイナスだらけでも、プラスがなければそれは当たり前でマイナスだと実感しなくていいから。
プラスを知ってしまうことは、もう人に話しても楽になんてならないって知ること。

助かる方法、踏みとどまる方法、それを知っていて手に入らないから余計に、そうじゃない人に話しても楽にはならないんだよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です