床屋にいけなくなった

床屋にいけなくなった。

近くのショッピングセンターにある安い床屋を利用していた。
人といることにあまり耐えられないので少しでも客がいない時間、開店直後を狙って行ってみたが、わずかに客が並んでいたらもう恐ろしくて、待つことが出来なかった。

今どきの安い床屋はとても良かった。
15分で終わるし、専用の掃除機(?)で切った髪を吸い取るのも合理的でとても良い。
少し前まではそこまで客があふれることがなかったのに、近頃はいつ行っても何人も待っている。

スーパーやコンビニ、病院でさえ他の人は無頓着に人にぶつかったり叩きつけたりする。自分がやられても平気だからそう出来るんだ。
でもこちらは平気ではない。右側はいい。まだ昔に近いから、コンクリブロックを投げつけられるぐらいまでならケロリとしている。
でも左はそうはいかない。小さな子供がぶつかっても、なにかが軽くかすっても、左腕の発作が始まる。鈍いスライムのような痺れが広がり、指先から動かなくなっていく。左腕が痺れ、痛み、硬直し、使い物にならない肉の塊になる。
再び動き始めるまで、わずかに動き出すまでも早くて30分、遅ければ数時間、まともに(とは言っても人並みの半分程度)に動くようになるには早くて半日、たいていは数日、酷ければ1週間以上も戻ってこない。

だからあの狭い椅子で隣に人が座って待つなどとても出来ない。
どうせこちらが痛みを訴えてもトボケルか逃げ出すか言い訳するかで、最初から謝るやつになど出会ったことがない。加害者と同じ、偽善者ぶった卑怯者ばかりだ。

どんどん酷くなっていく。
どんどん出来ないことが増えていく。
どんどん誰ともいられなくなっていく。
そうでなくても平気な人など、疑わずにいられる人など、これまでにでさえ片手にも届かないのに。

どうして普通の人は、謝ることを避けようとして言い訳ばかりを繰り広げるのだ?
どうしてそれらにやられて傷ついて病気になった側が、我慢して気を使って避けているのに、端を歩いているのに、大手を振って、それこそ振り回して、こちらを殴っておいて誤りもせずに逃げるんだ?

でも私には善悪よりも、一貫性が一番納得できるから、
そんな嘘つきはその行動に背かぬよう、
自分の友人にも恋人にも子供にも親にも誰にも彼にも嘘をつき、それらの人が困っていても気付かなかったふりをし、自分が危なくなればためらわずにそれらの人を盾にし犠牲にし、自分だけを守っていって欲しい。
そうしてもらえれば、私は諦めが付くのだから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です