病院探し

新しく通う病院を自力で探すことになったが、私には不安があった。
今回の交通事故以外でも、医師に嘘つき呼ばわりされた経験があるからだ。

1つは学生時代、胸の下の方、中央から少しだけ左よりで肋骨がなくなる辺りに酷い痛みを感じ始めた。そこで私は女親と個人病院に行った。一人で行きたかったが「一緒にいかないなら保険証も金も渡さない」と言われたので仕方なくだ。
女親が決めた病院(胃腸科内科)に行くと、何故か女親だけが先に診察室に呼ばれ私は廊下で待つように指示される。そして入れ替わりで私が呼ばれた。
中に入ると医師が
医師「どうしましたか?」
と聞いてきた。先に呼ばれた女親は何も話さなかったのだろうか?、と思いつつも
私「胃かどこか分からないけどすごく痛いんです」
と答える。
医師「じゃあ痛い場所を指差してくれるかな?」
そう言われて痛む場所を指差す。すると
医師「はい、そこに胃はないから。仮病だね。おとなしく学校に行きなさい」
と言われて、その後なにを言ってもダメ、何ひとつ聞いてもらえずに診察室を追い出された。
その箇所は今でも痛み続けており時には激しく痛みを発するわけだが、体を動かすことには影響無いので諦めて放置している。

もう1つは20代の頃、八戸赤十字病院でのことだ。
後に精巣上体炎との病名を告げられる病気に関して、入院したての頃に医師から何度も
医師「パートナーは?いるよね?」
「別に恥ずかしいことじゃないよ」
「いろんな形があるからね」
「相手が男でも女でも恥ずかしくないんだよ」

としつこく聞かれた。しかし私はその当時そういう相手はいなかったので
私「いませんよ」
と答えるのだが、それでも同じ質問を繰り返す。
同じ症状で今から数年前にも入院したが(その時は青森労災病院で病名は会陰皮下嚢腫)、そこでは一度だけさらりと
医師「パートナーとかいるの?」
と聞かれただけだった。
どちらでも膿が溜った原因は不明で(検査の結果、細菌など含めて原因物質や理由等が見つからなかったらしい)、日赤ではその原因を同性愛の性行為に伴うなんらかの外傷等に求めたかったのだろう、そう思っている。経験上ストレスで膿が溜まる体質なんだけどね…口内にも耳のある箇所とかでも指先とかにも溜まるんだけだ、日赤では「そんなことありえない」と決めつけるし、それが私には嘘つきと言われているように感じられたのだ。

だから正直、病院も医師も信用できない。
子供の時分には医師に丁寧に対応してもらった記憶があるが、それはそこの医師の子供と同級生だったからだと思っている。おまけにその医師等はうちの祖父(理容師)の客だったし。
だからそれ以外の医師はこちらの話などには耳も貸さずに勝手に病気を決めつける。経験則からくるそういう考えが私の頭の中を埋め尽くしていた。
だから新しい病院でもまた嘘つき呼ばわりされるのではないかと、不安で不安でたまらない。

だから医師には期待せず、自分の条件だけで病院を選ぶことにした。

今の状態からすると、近い将来、運転が出来なくなる可能性は否めない。
だからなんとか歩いていける範囲であることが第一条件。
あとはせめて私が少しでも行きたくなる要因が何か欲しい。

病院探しはネットで行った。
ネットでは検索ではなく、まずは八戸には元々存在していた「びょういんチャンネル(http://www.hachinohe.jp/byouinch/)」を利用した。うろ覚えではあるが、たしか最初は個人で運営していて、後に八戸JP(http://www.hachinohe.jp)に吸収された形の八戸の病院リンク集だ。八戸での病院探しでは一番役に立つサービスだ。

家から歩いていける距離の近くの整形外科のページをいくつか見ていて、ある病院のページで目が止まった。

「駐車場あり」「熱帯魚の水槽あり」

歩いて行ける距離で、車でも行ける。どちらでも通院可能であればとてもありがたい。
しかも熱帯魚の水槽がある。3歳から魚を飼っていた私には向いているのかも知れない(現実逃避的に)。

こうして私は「また嘘つき呼ばわりされるのではないか」と言う不安に怯えながら、この病院に通院したい旨を教職員共済に伝えた。
今より少しでもマシになる可能性を信じて…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です