派遣会社への連絡

八戸赤十字病院で診察した医師の言葉を受け、その日のうちに会社に連絡した。
当時私は地元の派遣会社に所属し、市内の工業団地にある金属加工会社内で仕事をしていたため、派遣会社に連絡をする形となった。

私「医師から仕事をしても構わないと言われました」
派遣会社「そうか、よかった。代わりの人も見つからないし先方も困り果ててたんだよ」
私「それはすみませんでした…」
派遣会社「そもそもなんで事故なんか起こすかな?」
私「はい?…いやいや、私は事故なんて起こしてませんよ」
派遣会社「でも運転中だったんでしょ?」
私「たしかに車には乗っていましたけど、車は止まっていてこちらの過失はゼロだよと警察官からは言われてますよ」
派遣会社「そうは言ってもプライベートて事故やって休むとか、印象悪いからね、こっちも困るんだから気をつけてよ」
私「そうは言われても…止まっていた車に後ろから追突されたらどうしようもないですよね?」
派遣会社「僕なら前に動いてぶつからないな」
私「いやいや、後ろの車を弾き飛ばして追突してきて前の車に玉突きしてるので、逃げ場所もなかったんですよ」
派遣会社「とにかく派遣先に迷惑掛けてるんだから、とにかく謝って明日からお願いしますよ」
私「はぁ…とりあえずがんばってみますけど…」
派遣会社「なに?なんか歯切れ悪いけど?」
私「医師は何ともないと言うんですが、私は痛くて左腕がうまく動かないんですよ」
派遣会社「でも医者はゴーサイン出したんでしょう?」
私「そうてすけど、こちらが言っても『体を動かさないからそうなんだ』の一点張りで、まともに診てもくれないんですよ…」
派遣会社「だから平気だからそうなんでしょ?僕も同じ意見だけどね。だって当日自分で電話してきたじゃない」
私「それはまずは連絡しなくてはと思ったからで、電話掛けることは出来たからしたってだけで…」
派遣会社「とにかく、先方に迷惑掛けてるんだから、明日行ったらまず謝って、あとは余計なことを言わないようにね」
私「…余計なことってなんですか?」
派遣会社「体が痛いとかそういうことだよ」
私「でも実際痛いとか動かせないとかは言わないと現場でまずいと思いますが…」
派遣会社「医者が仕事をして大丈夫と言ったんでしょ?素人考えで余計なこと言わないでってこと」
私「…」
派遣会社「とにかく先方には明日から通常勤務に戻れるって伝えておくから、よろしくね」
私「いや、それはやってみないと分からないので、その辺りも話してはもらえませんか?」
派遣会社「…先方にどれだけ迷惑掛けたと思ってるの?社員の方々が君のフォローで残業してるんだよ?」
私「それは申し訳ないと思いますが、私が事故を起こしたわけしゃないので…」
派遣会社「そこにいた君にも責任はあるんだから、とにかく明日遅れずに行って謝って、余計なこと言わずに仕事をして下さい」
私「…善処はします…」
派遣会社「よろしくお願いしますよ」

このような会話で話は終わった。
事故後にはこれまても数回電話していたが、何度説明しても私が事故を起こして言い訳していると決めつけているようで、毎回このような感じで言われていた。
立場が立場だというのは分かるのだが、私はただ信号待ちをしていただけで事故に巻き込まれ、それが何故私が事故を起こしたようにされるのかがどうしても納得いかなかった。

動きの悪い左腕のまま、首にも激痛を抱えたまま、明日から仕事に戻る。
どうか医師の言うように、単に体が鈍っているだけであるようにと、私は願っていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です